CEOからのメッセージ

 

狭山茶の歴史は古く14世紀に遡り、お茶の愛好家にはその類まれな味が評価されてきました。静岡茶や宇治茶などと比べ生産量が少なく、全国的な認知度も低い”知られざる秘宝”狭山茶。戦後日本の経済成長と共に相応の発展は遂げてきましたが、昨今では農地の不動産転用などにより茶の生産量が年々減り、将来の持続可能性に疑問符が持たれています。若い世代がこの伝統ある茶業を引き継がないことも珍しくありません。私たちはこのことを大変憂慮します。独自性に富み、秀逸な味を持つ狭山茶の伝統を次世代にしっかり継承していきたい、その思いから「さやまちゃ塾」を開校することにいたしました。さやまちゃ塾が広く国内外の人々の集いの場となり、お越しいただいた皆様一人一人が幸せの瞬間を感じられ、生産者自身もまた自分たちの仕事に誇りを持てる、そんな有意義なプラットフォームになれるよう運営してまいりたいと思います。

 

私は30年余り、大手自動車会社の事業企画や営業の仕事に就いてきました。弊社DPSの会社ビジョンは「人と人をつないでウキウキを創造しよう」ですが、30年以上にわたる会社生活を通じて私は多くの偉大な人々と出会い、多くのウキウキを体験できました。私はこの”ウキウキ”する思いをより多くの人々が感じてもらえるよう、起業を決意しDPSを立ち上げました。

 

神戸出身の私にとって、若い頃飲んだ緑茶といえば専ら宇治茶でした。その後名古屋や多くの国での海外勤務を経て、この狭山茶地域に居を構えて5年が経過しますが、もはや私には狭山茶とそれを作る素晴らしい茶匠の皆様がいない生活はありえません。

皆様にも、ぜひこの素晴らしい狭山茶の世界をご堪能いただけることを願ってやみません。

 

DPS株式会社

代表取締役社長

丸澤武

戻る